このエントリーをはてなブックマークに追加

少しだけリフォーム

気分転換にお家をきれいにリフォームしたいと希望している人は多いと思います。
けれどもリフォームは大掛かりなうえ、お金もかかります。
その上賃貸の人は、まず家に手を入れることができません。
壁にくぎを打つのを禁止されているところさえあります。
そのため、リフォームの夢はあきらめかけていたかもしれません。
けれども今はそんな方のために、便利な商品がたくさんあります。
それらのものを上手に利用するなら、賃貸のアパートやマンションでもリフォーム気分を楽しむことができるかもしれません。
その中の一つに、ホッチキスで留めるだけで簡単に壁のリメイクができるものや、飾棚を取り付けることが可能になるというものがあります。
この壁とは、板壁のことです。
ナチュラルな素材の材木が、すのこのように並んでいる壁です。
これを使用すると、無機質でなんとなくさみしい感じがしていた壁に温かさが加わります。
いろいろなサイズがあるのでトイレや、リビングなど自分たちの希望する場所に設置することが可能です。
そして、壁が板になったことで、今まで不可能だった壁にくぎを打つということも可能になりますので、インテリアのアイデアも広がります。
また、ホッチキスで留められる便利商品は他にもあります。
ブックスタンドや小さなラックまで幅広く展開しています。
ブックスタンドといっても大きなものではなく、雑誌や新聞を立てかけて飾っておくためのちょっとしたものです。
収納だけでなく、お部屋のアクセントになります。
ホッチキスで壁に留めるための仕組みは簡単です。
まず、金具に専用のフィルムをセットします。
そのフィルムをホッチキスで固定します。
このようにして、ひっかけるためのラックを設置します。
その後、金具でしっかり固定し、壁紙リフォーム完了です。
これは石膏ボードという特有な壁紙専用のようです。
ですから購入前に自分の壁紙をよく確かめ、適用するものかどうかを確かめておく必要があります。
取り外しの際に残るのはホッチキスの穴だけです。
ほとんど跡が残りません。
これで安心してお部屋のリフォームを楽しむことが可能です。
賃貸だからといってあきらめる必要はありません。
賃貸自分で工夫してリフォームをするなら、自分の家を改造している間のわくわく感を楽しむことができますし、作ったものに一層の愛着を持つこともできます。
今はいろいろな便利商品がたくさんあります。
自分の家にあったものを見つけて楽しくリフォームをすることは賃貸でも可能です。
Copyright (C)2017古い賃貸を住みやすく!これならできる、ちょこっとリフォーム.All rights reserved.